言いだしっぺ体験記。

2012年12月12日 (水)

【言いだしっぺ体験記3】沖縄:沖国大&宮森小&交流会。

【言いだしっぺ体験記3】

12月4日 ピースボート脱原発クルーズは沖縄の那覇へ。

あったか~~~い!釜山からすると15℃以上高くて

また沖縄の独特な空気もあいまって 

いいなぁ♪沖縄、と連発してのツアースタートでした。

***

最初は、沖縄国際大学へ。

2004年8月 アメリカ軍のヘリが接触・墜落した場所です。

Rimg0102
(↑直後の写真。今は校舎が取り壊され、新しい校舎が建っていました)

Rimg0888
直後の写真の手前に写っている木は、今も↑こんな風に残されています。

Rimg0103_2
(↑直後の写真。夏休み中だったのが本当に幸いです。。。)

こちらの沖国大の屋上から普天間基地が一望でき、

配備されてしまったオスプレイ(一機80億!!)も確認できました。

本当にすぐ側です。

住民が暮らす町のすぐ側に、軍用機が飛びかう状況がありました。

どうなんだ、これは。。。これで安心しろって、無理だ。

驚いた話としては

ツアーガイドをしてくださった宜野座映子さんいわく

「墜落したヘリにはストロンチウム90の固まりが6つ乗せてあって

墜落の時に1つ無くしてしまったらしい。

当時、アメリカ兵が何かを必死に探しているのを多くの人が見ている。

それもだいぶ後でわたしたちが知ったことだ。」と。

え。なんだそれは。。。。。。。どゆうことだ。。。。。。。。。。

それから、基地にはそれぞれ名前が付いていて

キャンプシュワブとかキャンプ○○ってかたちで

普通に呼ばれているのだけど

その○○に入った呼び名はね、

軍事的に成功を収めた、賞賛された人の名前が付いているそう。

宜野座さんは キャンプ名を口にするたび、

とても複雑だと言っていました。

*****

続いて、宮森小学校とパネル展示、地元の方との交流会へ。

宮森小学校に、アメリカ軍のジェット機が落ちたのは

今から53年前の6月30日。

Rimg0901
制御不能の無人ジェット機が↑このように小学校と周辺へ墜落し

20名近くの方が亡くなられました。

なぜ無人だったか、

乗っていたアメリカ軍はパラシュートで脱出したから。

少し軌道を変えれば 海や空き地があったのに、です。

ガイドの宜野座さんは、当時の証言を集める作業をされていて

当時の状況を詳しくご存知でした。

この宮森小学校の事故は 『ひまわり』という映画になっていて

来年1月~全国で上映されます。ぜひご覧くださいmovie

写真に写る小学生の痛ましい姿や、

アメリカ軍による事故処理の理不尽なやり方、

事故現場に入れず子どもの安否も確認できない親の状況、

すべてが尖った槍のように、自分に突き刺さります。

現在の宮森小学校は、とてもおだやかで

あったかい雰囲気の小学校でした。

窓から手をふる子どもたち、とってもいい笑顔!

中庭の慰霊碑に手を合わせて、交流会へ移動。

Rimg0908
交流会では『ハーフセンチュリー宮森』のみなさんが

温かく迎えてくれました。

↑琉球舞踊 素晴らしかった!!心込められた素晴らしい踊りです。

この『ハーフセンチュリー宮森』は

宮森小学校ジェット機墜落事件。二度と同じ悲しみを繰り返さないために

平和と命の尊さを表現していこうと結成されたそうです。

踊りや、1人芝居、絵本の朗読、体験の語りなど

いろんな方法で この事故(事件だと思いますが)を

やさしく強く表現されていて 本当、とても素晴らしい内容でした。

全国各地で公演してほしいなー、と本当思います。

Rimg0918
最後は、意見交換。みんなで輪になって話しました。

写真中央)ミユキさんの熱い思いに感動し、

沖縄には独立論があることも知り

とても濃い内容の意見交換となりました。

最後に、騒音裁判に関わっている方が言った一言は

みなさんにもぜひ考えてほしいところなので

書かせてもらいます。

「16年間、騒音裁判を必死にやってきたけど、進まない。とても難しい。

今、心が折れかけています。

この16年間を、もし他のことにつかっていたなら 

どれだけのことができただろうと思うと悔しい。」

この言葉を聞いて、わたしはもう、ごめんなさい、しかありません。

その16年には、社会の問題が大きく関わってはいるけど

でも、同時に きっとわたしの無知無関心の結果も含まれていると思う。

自責もたっぷりに込めて、できることはやっていきたい。

沖縄で見た2つの事故(事件だね)以外にも

基地があるから起こる事件が数え切れないほどあります。

大事な息子たちに、もし同じようなことがあったら、と思うと震えます。

いや、もう起こしちゃいけないんだよ。

そのために わたしはここにいて

思いを、引き継いでいるんだと思う。

バトンは みんなに渡されているよね。

今、生きているみんなに。 

Rimg0899

| | コメント (0)

2012年12月11日 (火)

【言いだしっぺ体験記2】韓国(釜山)古里原発&PR館etc...

カテゴリー説明***********

2012.12.10 Annyのカテゴリーに新しく【言いだしっぺ体験記】を作りました。

ここには、Anny言いだしっぺ(代表)のわたしが

いろんなところで体験したこと、そこから得たものなんかを

開けっ広げていく場とします。

アンド、自分の記憶力の無さを補うための場でもあり。笑)

誰かのなんかのきっかけになると嬉しいです^^)

***********************

【言いだしっぺ体験記2】

韓国(釜山) 古里原発&PR館、立地地域の村長さんのお話。

12月2日

ピースボート脱原発クルーズは、釜山に寄港。

Rimg0787朝早く しかもチョー寒い中、

華やかな伝統舞踊で迎えてくれました^^)多謝。

そこからバスで1時間ちょっと離れた古里原発へ。

Rimg0799

茶色の民家の奥が、古里1、2号機で 写ってないけど 左が海。

民家には誰も住んでいないようでしたが、

とても近距離から全体を見ることができます。驚きもあり、恐ろしさもあり。

この点は日本とちょっと違うかもな、と思います。

その後、PR館へ。

Rimg0802

右が(もっと奥まであるのですが)PR館、左がスポーツジムだそうです。

なぜスポーツジム?

PR館内は、311後リニューアルされたそうですが

どこをどう変えたのかは分からなかったな~

文字が読めないので確かじゃないけど

危険性についての展示は見つからなかったように思います。

なにしろ、『脱原発』とか『反対』みたいな目立つメッセージは

身につけないよう 館内に入る前に注意があるくらいなので

まー そんな雰囲気の館内でした^^;

Rimg0815

こちらは、古里原発と すぐ側に隣接している新古里原発の模型。

(写真手前が古里。奥の光っているところが 新古里原発。その奥に新設予定)

古里原発&新古里合わせて、今は6基あり 2基建設中。

さらに、4基が建設計画中だそう。

模型で見ても、こんな近距離!

韓国は地震は少ないそうだけど、

いやでも 本当、事故とかあったらどうすんだろか。。。

今年2月には 古里1号機で全電源喪失事故があったばかり。

しかも、1ヶ月の間 その情報が知らされていなかったことを思うと、

なんかもう、、、、、、遠い目をしちゃいました。

Rimg0822

その後は、新古里が立っている新理の漁村へ(古里は釜山)行き

村長さんたちとの意見交換会がありました。

ずっと長いこと原発を建てないでほしい、と活動されてきて

でも、いろんな圧力や妨害、難しい状況を経て

今は賛成するしかない状況に追いやられてしまった方々で

お話される姿は なんだかとても苦しそうに見えました。

韓国の現大統領イ・ミョンバクさんは

韓国の3大事業に 『IT・造船・原子力』と上げているそうで

震災後の日本の状況を知ってもなお 

バンバン推進していくぞーとの姿勢。

国のため、として進めている事業が

その国に住む人たちを苦しめているなんて 

こんなおかしな話ないよね。

日本も韓国も、システムはやっぱり同じなんだな、と

再認識して船にもどりました。

やっぱり わたしは、その経済優先のおかしなシステムを変えたい。

大きなレベルでは難しいのは よく分かるけど

でも 個人レベルで変えることはできると思う。

例えば、自分のお財布の中も 小さいけど立派な経済でしょ。

その小さな経済から、変えていく。

本当に自分に必要な物かどうか、ちょっと考えるとさ

今目の前にあるものだって 無くてもいいものってすごく多いし

そうゆうのをちゃんと考えて まずはお財布の中の経済を

大事にしていこうと思いました。

観光はしてないので釜山に行った実感はあまりないのですが、笑

観光では知りえない大事なことが体感できた1日でした。

釜山の次の寄港地は、沖縄です。

Rimg0126

| | コメント (0)

2012年12月10日 (月)

【言いだしっぺ体験記1】前)内閣広報室審議官 下村健一さんの話。

カテゴリー説明***********

2012.12.10 Annyのカテゴリーに新しく【言いだしっぺ体験記】を作りました。

ここには、Anny言いだしっぺ(代表)のわたしが

いろんなところで体験したこと、そこから得たものなんかを

開けっ広げていく場とします。

アンド、自分の記憶力の無さを補うための場でもあり。笑)

誰かのなんかのきっかけになると嬉しいです^^)

***********************

【言いだしっぺ体験記1】

12月1日~9日の間、ピースボートが企画した日韓交流『脱原発クルーズ』

思わぬご縁をいただいたので 

訳も分からぬまま インスピレーションだけで飛び乗ってきました。笑

クルーズの中で出会ったのが

前)内閣審議官(内閣広報室) 下村健一さん。

3.11の震災の時、まさに官邸内にいらした方で、

金官デモも、中から体感されていた方です。

++++++++++++++++++++

下村さんのロングインタビューがシノドスにあります。

震災の時、その後、官邸の中がどうだったのか

菅さんがどんな状況の中で発言・行動していたのか

「エネルギー環境戦略」をめぐるせめぎ合い、などなど

本当のところを知りたかった話題がたくさんです。

ぜひ読んでみてください。

「知」の交流スペース シノドス

++++++++++++++++++++

詳しくは↑こちらを読んでもらったら分かると思いますので

ここでは、クルーズ参加者からの 下村さんへのQと下村さんからのAを

Q&Aで載せていきます^^)

(わたしのメモより。)

========

Q.異端からメジャーに!の方法は?

(マイノリティからマジョリティへの道)

cherry

A. まず相手の論理に乗ること。批判してもとどかない。

相手に伝わらないのは、こっちが悪い。伝わるよう努力しよう。

小さい声をひろうこと。

========

Q.政治家に要望を伝える時のコツは?

cherry

A.多くの人数でやること。

何をしてほしいのか、具体的に提示すること。

========

Q.活動をマスコミにちゃんと記事にしてほしい。そのコツは?

cherry

A.記者が書きたくなる内容にする。

主人公をつくる、その時に注目されている話題にふれるなどなど

記者が、紙面を明確にイメージできるような内容で 取材要請をする。

何ごとも相手の側に立ってみると分かる。

========

Q.脱原発の活動のし方。まとまり方は?

cherry

A. シングルイシューでいいと思う。

それぞれの問題はつながっているけど、すべてを一緒くたにして活動すると

まとまることが難しい。

========

Q.政治と自分たちの生活が乖離している。政治に関心がない人多い。近づけるには?

cherry

A.これはまさに、菅さんが力を入れていたこと。

まず、それぞれが興味をもっていること、関心がある事柄からアクセスしていくこと。

政治に興味を持って、と言っても伝わらない。

=============

と、このような質疑応答でした。

的確で分かりやすい~

お話の中で、わたしがいちばん印象に残ったのは

「官僚や政治家の中にも、志の高い本当に頑張っている人がいます。

毎週金曜のデモのあの声も、ちゃんと官邸内に届いていて、

それが励みになって ふんばっている人がいます。

国民はもっと声を出していい。」という一言でした。

無駄なことなんて、無いんだなぁー 諦めなくてよかったなー!と

本当、嬉しくなりました^^! 

そうだよね、声を届けていくことが政治を作るってことだよね!

この言葉に すごくすごくパワーをいただきました♪

最後に、

下村さんが何度も言われていたことがあります。

「わたしは、審議官になった時 まわりにひどく責められた。

言ってたこととやってることが違うじゃないか、政府側につくのか、と。

菅さんも枝野さんもそうだけど、ものすごいせめぎ合いの中にいる。

だから、支持した人が少し揺らいだとしても 

すぐに切り捨てないで 働きかけてほしい。どうしたんだ、と声を届けてほしい。

官邸内にも同じ思いの人がいますから、

応援してあげてほしい。」と。

そうだよね。誰でもそうだよ。

政治家の方だって、同じ人間なんだし

声援が多いと、よーし!ふんばるぞー!ってなるんだよね。

ちょっと道間違っても、どうしたの?って声を届けたらいいだけだし、

応援してるよ、って思いこそ 

どんどん届けるべきだよなー、て思いました^^)

下村さんの まさに実体験からくるお話は とても力強くて

お会いできて、お話聞けて 本当よかったです!

clover

それで、今はフリーになったので 呼んでくれれば行きますよ、と

おっしゃってくれているので

ぜひぜひ長崎でも 機会を作れたらいいな!!と思ってます^^)

長崎のみなさん、どうでしょう???

でも本当にね、

メディアを通しての情報と、現場にいた人の話を直接聞くことの

情報の質の違いが 今回とてもクッキリしてました。

視覚だけじゃない、五感で情報を得る。 すごく大事なことですね^^)

すばらしい機会に感謝です。

| | コメント (0)